任意売却とは

 

ローンが残っている不動産には借金のカタになっているという抵当権がついているため、勝手に売却することはできません。そのことから、不動産を売却しても借入金を完済できずローンが残ってしまうような状況(債務超過物件のことを指します)では、不足分を手持ち資金からローンの残額を返済する必要があります。しかし、経済的破綻状態にある所有者の場合は手持ち金を出す余裕はありませんから、売却代金から必要経費を控除し、残った金銭を一旦返済することでし抵当権を解除して売却するという方法があります。これを任意売却と呼んでいるのです。本来ならば返済しなければならない金額を満額払わないで売却をするのですから、債権者(銀行など)の同意がないと実現は不可能です。

たとえば、何らかの事情で住宅ローンの支払いが困難になった人で、金融機関からの住宅ローンの借入が2,000万円残っているマンションを1,500万円でしか売却できない場合、どうすればいいのでしょう。 一つの方法は、金融機関は抵当権等の実行によって債権を回収することになります。この競売による不動産の売却では現金化までに時間がかかる上、競売にかけるといくらで落札されるかは競売開札日までわかりませんし、市場価格より2~3割低い価格になることが多いのが現実です。

他の一つが任意売却です。不動産会社などの仲介者が金融機関と売却する人の間に入り、両者に満足のいくような価格で、競売よりは高い価格で売買を成立させるのです。ローンの返済に必要な500万円の支払い義務はもちろん残ります。しかし、不動産業者が仲介者として債権者と交渉することで、住宅ローンを完済しなくても抵当権の抹消に応じてくれる可能性が高いことから、売却が可能になるのです。

<関連サイト>
不動産業者に不動産売却の相談が出来るサイトです → 不動産売却の相談

 

Copyright © 2014 任意売却についてもっと知ろう All Rights Reserved.